FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

25

コメント

極善極悪はあるか?

どうも皆様こんばんは。

皆様は自分は良い人間か悪い人間か?どのようにお考えでしょうか、自分は清廉潔白だと思われる方も心の中には獣を飼っていたり・・・・・人と単純に悪いやつ良いやつでは表せないものです。



とは最初は何色なのだろう
AXIS_sinyorino14055125-thumb-autox600-18627.jpg

自分自身の善悪について考えてみますと、皆様どうでしょう自身とは善なのか悪なのか。多くの人々は自分が悪人だと思って生活している訳ではないと思いますが。かといって善人とも思っていない。非常にあいまいな感情が返ってきそうです。しかし、日常生活を送るうえでは俗にいう悪いことを行っている人はごまんといますし。良いことを行っている人も存在するかつこの両者は一人の人間の中に同時に存在しうる事柄です。こう考えますと善悪を色として人間はどちらの色をしているのでしょうか?
こういう話をしていると性善説や性悪説なんかな話が出てきそうですが。そういった話は致しません、私は人間の色はどんな色かわからないというのが答えだと考えています。完全な悪人もいませんし善人もいません。しかし善人と悪人の要素を同時に持つ存在が人間だと思います。

皆善人にして悪人

私は日々生活していると「この人はいい人だな」と思いながら「クズだな」と同一の人間に対して真逆の感情を抱くことが多々あります。あるときには良い人ある時には悪い人・・・それ自分にとって都合の悪いことをされた時とそうでないときと対応しているのではないかといわれそうですが・・・・汗(たしかにそれはあります)しかし、完全にそうではありません。私が同一人物に真逆の感情を抱く時には、本当にその人はその時々でまったく違う言動行動をしているように感じます。こういった人間観察から人間はやはり黒い悪の自分と白い善の自分があるようです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さっきから書いていて内容のソースが「自分が思う」や「考える」といった自己完結でまったく内容に説得力がない!!!!!

ただ言いたいことは人間は都合よく善い自分と悪い自分を使い分けているのでは?ということです。特に自分の生活の中を見ていると思うんですよ。ああ・・・・私いま完全に悪人だわぁ・・・よっしゃ!!良いことしてるぜ!!と善悪混同した日々だなぁと、でもそんな中でも私たちどことなく自分は善というイメージを持っていませんか?(私の文章は問いかけが多いような汗)自分は悪いことをしていないから善良なんだ!と・・・そんなイメージを持っている気がするんです。(私だけかもしれませんが)でもそれは、勘違いだと思うんですよ。自分を善良と思うということはそれ自体自分の悪い部分に目をそむけているのではそう自分というものを反省してみてみると感じる訳です。

極善極悪はあるか

私は善悪は人に快感をもたらすものだと考えます。例えですが善行で誰かを救えば心が満たされるはずです。悪行で誰かを苦しめるのも(不謹慎ですが)快感です。極善であればきっと善によって得られる最高の快感を得られるでしょう極悪もまた然り。しかし、両者の快感は同一の物でないことが味噌です。善を極めたものには悪の快感は例えそれが得られる最低のものでも究極に感じるでしょうられるでしょう・・なぜなら人間はまだ見ぬ快楽に弱いのですから・・・・これまた逆も然り。人間は得られるものを放棄することは決してしません従って貪欲に両者の快感を求め・・・善を求めて極めようとすれば悪に惹かれそれは達せられません悪を求めれば善に惹かれ最後にしくじります・・・・よって、どちらか片方を極めることはできないと私は考えます。

結論・・・・・・・人間はゲームのように極善 極悪の存在には規定されない!!!!!!(知ってた
MS251_memotonewsp-thumb-815xauto-15243.jpg
人間はメモ帳!内容によっては良いノートにもデスノートにも!!   う~む内容が一貫していない・・・・泣

次回はもっと内容をしっかり煮詰める必要がありそうです。汗 しかしこの記事を気に自分の内面の善悪について考察していただけると・・幸いです(・・・・・ふざけた内容でえらそうなこと言ってすみません

うう・・・・・・書きたいことがしっかり頭の中でこうせいできていないと支離滅裂泣
スポンサーサイト
[PR]

07

17

コメント

う~ん・・・・ここだけの話・・・・

皆様こんにちは!今回は本当にここだけの話です。この記事を見てくださっている方にだけ・・・・・・・・・・

ヤンデレを少しなりとも感じられる。私的作品紹介をしたいと思います。え?それが何故ここだけの話かですって?何故かって・・・最近ヤンデレの作品少ないじゃないですか・・・・ってか普通に
ヤンデレに出会いたいと思っていても絶対に出会えません、それが今のご時世・・・・!!

そんなヤンデレ作品をこの記事を読んでくださる数人にのみお教えすることになるので・・・ここだけの話なんです!!でも、ここだけの話ですから絶対にほかの方に広めないでくださいね絶対の絶対のぜえええええええええったいに広めないで!!(真意を読み取ってくれぇっ!!笑

もうね・・・私は最近ヤンデレなくて本当に怒ってるんですよこのブログの標語「ヤンデレよ!もう一花!」です。今考えましたキリッ

さて、それじゃあ張り切って作品紹介に移っていこうか!!(オーヽ(*´∀`*)ノ.+゚

clear_0007pl.jpg
「エロ本を捨ててから兄の様子がおかしい」

見た目はヌキゲー然としていますしコンセプトもまんまヌキゲーなのですが・・・・・この作品の黒髪ショートのヒロイン、なんだか狂った感じのヤンデレの波長確かに感じさせていただきました。正直以前の記事でもちょっと話したように。該当ヒロインが主人公の所謂「妹」であるため若干「キモウト」ではないか?という懸念はありますが。ヤンデレもキモウトもジャンルとしては起源を同じとするもの(深い愛という意味では(勝手な見解ですが汗)だと思いますので。この作品を押します!しかし、あくまでヤンデレを感じられるというだけで、納得できるヤンデレかどうかは微妙です。正直私には足りませんでした。

51kXfKMzKaL__SX353_BO1,204,203,200_
「うわこい」(漫画)
すみません・・・エロゲ紹介したかったのですが。作品が少なく漫画も紹介させていただきます。この作品「うわこい」はストーリは割愛しますいわば浮気物語です。で、ヤンデレヒロインはこの画像の主人公の幼馴染さんです。とはいえ包丁持ちだす系の安直な猟奇感がありますので。評価は分かれそうです、しかし深い愛といものは感じられるはずです。補足としてはヤンデレはワンシーンしか感じることはできないです(それほど短いです)頑張って三巻まで読んでください。あとここではあえてこの作品を紹介していますが私はヤンデレ作品が少ないのでこの作品を紹介しているだけで、決してそれに満足してヤンデレ最高!!と思っているわけではないので悪しからず。(;^ω^)

あれ・・・?まだ紹介する作品あったはずなのですが、ど忘れしてしまいました。読んだりプレイしたりその時々で「おっこれはヤンデレでは?」と思うことがあるものの、チョイ役だったりしてどうしても記憶に残りにくく・・・・う~む出てきません。今日は紹介はこのくらいで・・・また思い出したり出会ったりしたらご紹介しますね。

では、ここで私のヤンデレ論を
ヤンデレとは何か

それは至高にして至福究極の属性です。こういうこと書くと「基地外?笑」などと言われそうなのですが、そうですヤンデレを語る時の私はキチガイ入っています。しかし、キチガイ的思考でヤンデレを語ることでヤンデレの少なさに対するストレスを発散していますでゅぢゅひゃあhっはあああっはああ!!笑笑
\(,,・,,ω,,・,,)/ヤンデレ論語ってないですし汗

解るかぁヤンデレの深きが尽くし尽くせずそれ故に狂うその姿すばらしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいッ
ヤンデレには決まった形は無い・・・・とはいえ至高の形はあるはず。かつてヤンデレが日の目を浴びたときはその至高に近きものが描けたからだと私は思う。あれから・・・それなりの時間がたったが・・・・まったくヤンデレが出てこない出てきても香りづけでしかないはずの猟奇や狂気のみが目立ちそれ=ヤンデレの構図ができつつある・・・いやできている。まあヤンデレ的要素を含んでいることは否定しないが・・・・しまっせんが!違う違うんですよ本来のヤンデレは猟奇は狂気は味付け注目すべきはその深い愛健気に尽くす姿怖いほどに相手を思うからこそ狂うんです。そしてその様子を見て楽しむんですよ!!


あああああああああああああああああああああああああああ足りない足りないのだあああああああああああああああああああああああああもっとヤンデレを!!ヤンデレのシナリオを!!安易に武器持たせないで!!独善的な愛はやめて正直ヤンデレのゲームがエロゲがやりたくてたまりません。うーんヤンデレに造詣のあるライターはいらっしゃいませんかね・・・・・?

自分で最高のヤンデレヒロイン作れば?と言われそうなのですが・・・自分でいくら最高のヤンデレヒロインを作ろうと面白くないんです。すべてわかりすぎてしまいますから、ネタバレした作品をやっても面白くないようにやはり私は誰かの作った物語をヤンデレの物語を楽しみたいです。まだ見ぬ自分の振れぬヤンデレを感じたいんです。

何度も書きますがヤンデレ作品に心当たりのある方・・ぜひお教えください

教えてくださいませ泣ひょおううういいいおおおおおおおおおおおいいhっぐううううyyもう本当に本当にヤンデレ作品無いんですよ泣ヤンデレ楽しみたいよぉ

て私何熱くなってるんでしょうね(。・ω・。)書いててかなりやばい人間だなと自分自身思いました。
ではまた次の記事で・・・・今度はヤンデレ内容書けないかな・・・作品話題がなさ過ぎて・・・・・・・泣 ではヾ(・д・。)

07

13

コメント

自分は酒を飲まずとも酔える

うう・・・・・自分で自分を保つのは難しい・・・・・・・!!


己の在りか

「私は私です。」日常生活の中でそんなことを考えることはあまりありませんよね。なぜなら、私が私であるなんてことは考えずともあたりまえなことです。しかし、ほんとにそうなのか?・・・・・・・・・この記事を読まれている方々の中には自分がどこにいるのか、そんなことを考えたことのある方はいらっしゃいませんか?かくいう私は、それをよく考えることがあります。私は人に言われることはないですが、場合によって、まったく様子の変わる人間です。具体的にはある時は寡黙で無愛想、しかしある時は明るく・・・・時に真面目一徹時にだらしなく・・・・それは相手その場の環境によって変わるのですが、私の場合それが極端ですので、自分というものを見失いそうになります。私は見事に人によってイメージがまったく違う人間だと思いますし、そう思われているようです。それはその人とかかわる私自身も感じることです。ああ、この人たちの前では自分Aだこの人の時はBだと・・・しかしそれは人によって態度を変えているというレベルの物ではありません、もはや人格、思考の変化といっても差し支えないもので本当に自分が何人もいるような気分になります。皆さんは自分というものをひとつの人格として日々その一つの自分で生活しているのでしょうか?私は少なくとも三つは自分があります。それ故にある自己の時の行動を冷静になって考えてみれば行き過ぎたことをしたなぁ・・・・と後悔することがあります。

陽気な性格Bの時
20080131184947.jpg


私は自分がこの人とは話せる!!とある種(本当に開いているわけではないですが)心を開いた相手だと、いろいろ会話をするのですが、その時の自分というのは本当に軽く酔っ払ったような自分の時でして、冷静な時の自分なら話さないようなこともいろいろ突っ込んで話したり、行動をとったりしてしまいます。自己分析してみますと私は寡黙で暗い性格である人格Cであることが多いのですが、その反動で少し話せる相手の前となると、過度に陽気になったりするのかもしれません・・・・・陽気で明るい性格Bいいじゃないか。と思われる方も多いかと思いますが。その性格も私自身なのですが少なくともそれが本来の自分であるか?といわれるとそうではありません。きっと、・・・いや事実性格Bで居続ければ心が疲弊してしまいます。性格Bも私そのものなのですが、それは、どことなく演じた自分で(演じている意識は全くありませんが)ある気がします。

性格Cの時

少し話したように私は暗く寡黙で・・・ある種人格の破たんしたようなこの性格Cであることが多いです。この時の自分は本当に何も無関心で虚無感にあふれています。悲しい性格ですが私はこの時の自分と付き合いが長いです。この性格は初対面の人間やプライベート外でかつあまり心を開いていない相手の前で現れ、思うにあきらめや失望あらゆる負の感情が)にじみ出ていると思います。しかし、これは防御の性格であらゆることに無関心になる代わりにあらゆる苦しみにも無関心になれます。なんだか悲しくはありますが私はこの性格で心の崩壊を防いでいます。なんで、こんな性格が生まれ出たか?それはひとえに今まで生きてきた経験によるものだと思います。私はその経験の結果として人間というものを心から信じることができていません、別に人間が嫌いだ!などということではありませんしかし、心のどこかに人を疑い続けている「自分」がいるんです。それ故に私は人と深く関わろうとしてもできませんしそもそも、心が開けませんそんな人間が世間からどう見られるか・・・・変人は常に奇異の対象ですし、気も弱いので。意見の主張もできません。根暗のレッテルですね。。。。汗こうなると(まあ私が悪いのですが)いろいろ馬鹿にされたり心労もおおく・・・・性格Cは私の防御壁なのだと思います。
46349832.jpg


本当の私「性格A」

誰にも気を使わず本当の自分といえる「性格A」(便宜上ではありますが)はひとりの時や完全に心を開いた相手にのみ表見する性格です。自己中心的で楽観的な性格ではありますが、これこそ本当の私だと自分の中でも思っています。しかし、この性格は主人格であるにもかかわらず私の場合性格Bや性格Cに抑圧されています。本当の自分である時間がどうしても短いんです。なぜなら、人間は普通他者と関わって生活しますのでどうしても基本は性格CやBの自分でいる時間が長いからです。そんな生活をしていると本当にどの自分が本当の自分なのか?わからなくなってきます。暗い自分が本物か陽気な自分が本物か?主人格は本当に主人格なのか???多くの人々は自分の性格は一つだと思います。しかし私の場合は日々を一貫した性格で過ごすことができていません。それ故に思うのです。私の本当の心(性格)の在りかはどこなのだろうと

ヤンデレ全然語ってない・・・・・うむぅq(`∀´;q)
ただ、ヤンデレ以外のことで記事を書きたくなる・・・!そんなこともあります。私思うのですが一人称と口調変えるだけで文面ではかなり性格変わりますよね。ってかもう長文書くのつかれたわ・・・まあ俺もいろいろあるから暗い感じの記事が多くなるんよ・・・・・・・・・・
みたいな感じで「です。ます。」口調を無くすだけでも全然違います。次は一人称変えて、もっとエキセントリックな記事書こうかな・・・
ヾ(・д・。)

07

06

コメント

くやしい悔しい悔しいっクヤシイっ!!!!!

さあ、あなたはエロゲをプレイしていた時に「悔しさ」を感じたことはあるでしょうか?エロゲというものはそのほとんどが「恋愛要素」を孕んでいることは言うまでもありません、そして我々はエロゲに描かれる様々な恋愛模様を見て楽しんでいるわけですが、そんな中で至高の「悔しさ」果ては「怒り」を感じることのできるジャンルがあります。そう!それは・・・・・・・・・

                 
            NTR(寝取られ) であるっ!!


筆者たるこの歌麿はヤンデレが最も好きではありますが、記事も書いているようにNTRも好きなんです。好き・・・・というより順応させられたというのが正しいのですが。まあ、それに関しては後程 ただ言いたいことは今でこそ私はNTRが好きですが、当初私はNTRが   大っ嫌いでした
EV019_00.jpg


NTRは爆弾

エロゲは一部を除いて最終的には「良い話」というものが基本です。いや、最終的にというより、もはや世界観や物語自体が「良い話」ですよね。そこには基本的に不快だ・・・つらい、怒り心頭などという感情は生まれないと思います。しかし、NTRは通常の恋愛エロゲの鉄則である「主人公とヒロインの信頼」を意図的に破壊することで、新たな扉を開くのです。といっても普通の方なら扉が開くより先に怒り、悔しさ悔しさ悔しさ悔しさ悔しさ・・・・総括して絶望を感じてしまい扉が開く前に「もう嫌だ見たくない」と新たな世界の入り口を拒否してしまうのが普通でしょう。NTRに初めて出会ってしまった方にとってNTRとはさながら、心を破壊し不快悔しさをまき散らす爆弾です・・・・・・ でもですねぇ・・・・この爆弾・・・・このダメージを大きく受けることができる人であればあるほど抑えることのできない怒り悔しさ喪失感を感じることのできる人ほど、NTRの素養があることを教えてくれるんです。確実に一つ言えるのはNTRは苦しいことを苦しいと悔しいことを悔しいと怒りの気持ちを!!・・・・・・・ダイレクトに持つことができることが重要だということです。くどいですかね汗

かく言う私は初めてNTRに出会ったとき軽めの作品で・・・「とらいあんぐるBLUE」という寝取られアニメでした。このときは「ヒロインクズだな」や「主人公かわいそう助けてやりたい・・・」etcとモヤモヤ、怒りが心に渦巻き「主人公がヒロインや間男に華麗に復讐するシナリオを」を妄想したりしてNTR最悪やな・・・・が最初の印象でした。そんな心象でしたのでその後、当然NTRとは距離を置きました。見ていて気持ちのいいモノじゃありませんので・・・・・しかし私はNTRを不快にそして怒りを感じてしまったわけです。扉は現れました、その時はまだ開き切きっていませんでしたが

NTRはあくまで抜きゲーの域は出ない

ここまで扉が開くとか何とか言っていますがNTRに興味があってもしこの記事を読まれている方すみません!!NTRは普通の恋愛ものの「物語をプレイして楽しかった!!」といったようなシナリオで良かった・・・と感じ入るものではありません、あくまでエロシーンありき「抜き」を目的に楽しむといった姿勢が・・・というかそういった楽しみをするものです。ですのでNTR作品をシナリオで楽しむといったように通常の「恋愛もの」と同じ感覚で(まあ、厳密には抜き目的でシナリオは楽しむ訳ではありますが)語ることはできません。やはり、NTRはあくまで「抜きゲー」なんです。もし、NTRをシナリオゲーとして楽しんでいらっしゃる方がいるとしたのならぜひご一報ください、ぜひ教えを乞いたいところであります。


まずは抜きゲーとして触れてみて

前項でNTRが抜きゲーであることを強く主張しましたが、物語としてまったくNTRは感じるものがないかというと決してそんなことはありません。むしろNTRは心を揺さぶられるという点においてはシナリオゲーを超えるものがあります。ですが、最初からその域に達することは困難であると思いますので、この記事を読んでいるNTRに興味がある方やNTRを嫌悪している方はまずは抜きゲーとしてプレイしてください・・・・・というのは簡単ですが・・・・メインヒロインが憎たらしいイケメンやおっさんに寝取られて嬌声を上げているのを見て抜けるわけないじゃないか!!主人公が不憫で仕方がない・・・といろいろNTRに目覚めきれていない方々の声が聞こえてきそうです。残念ながらそう思われる方はまだNTRを普通の恋愛ものの楽しみ方と同じ目線でとらえているといえます。NTRは主人公が裏切られヒロインは間男のことを本気で好きになったり、ヒロインが間男色に染められて主人公がコケにされたり・・・筆舌に尽くしがたい壮絶な辱めやプライドをずたずたにされる状況に陥ります。もし通常の恋愛ものとしてそれをとらえるなら、何かを成すはずの「主人公」が酷い目に合う物語ということになり、ただただ不快なだけです。ゆえに、NTRゲーマーというのはNTRゲーを普通の純愛ものと同じ目線でプレイをしているわけではないのです。

では具体的にどのようにプレイしているかですが、純愛ものは主人公を中心に彼、彼女がどのようにして物語の中を行動していき最終的に何を成すのかを主人公に自分を重ね合わせたりはたまた第三者としてそれを眺めたりして楽しみますよね。NTRは主人公のとらえ方は純愛ものと同じで自分を重ね合わせたり第三者として眺めるのですが・・・まず、最終的にどうなるのかはもうすでに憂き目にあうことはわかっているので、あまりどうなるんだろう?とは考えません、漠然と良い終わり方ができないことは最初から意識されています。最初からあきらめからNTRプレイヤーは入って行っているわけです。「ああ、いやな目に主人公は会うんだな・・・」と、なので最初から主人公に期待というものは向けていません「こいつはかっこよく華麗な物語を形作る存在」とは見ていないんですね。じゃあどういった存在ととらえているかそれは・・・・・・


メタクソにされる主人公はエロシーンをよりよくするためのスパイス

章題のように主人公はエロシーンを引き立てるスパイスとしてとらえます。ひどい目に合えば会うほどエロシーンが引き立ちます。因みにここでいう酷い目というのは借金取りに追われるとか事故にあうとかいうことではなく、寝取られコケにされるような不遇な目に合うことです。(具体的にチンポコが小さいセックスが下手ヒロインに見捨てられるなどです)「酷い目に合うことがいいってNTRはM向けなの?」となりそうですがM要素も少しはあると思います。しかしその割合は無いに等しいでしょう。M嗜好がなくても主人公が酷い目にあうのはNTRでは必要なものなのです。冒頭でも話しましたよね寝取られはそれに嫌悪や怒りを感じた人ほど素養があると。それはNTRでは酷い目に合うこと、それを嫌悪と感じられる人ほどエロシーンをエロい!!と感じることのできる土壌があると言えるからなのです。netorirare01_016.jpg
拾ってきた画像ですがこの画像を主人公が寝取られ現場を真近で見せられていると理解した上でいや理解しているからこそ、「エロい!!」と感じることができるのがNTRプレイヤーなのです。イメージ・・・・あくまでイメージで笑い話ではありますが

「悔しいっ悔しいよぶっ殺してやる(シコシコ 」っというのが(これがすべてではないですが)
NTRの魅力といえます。といってもまだNTRの良さがわかっていない人には訳が分からないとは思いますが・・・・私もそうでした。しかし、それが分かるようになれるのがNTRに嫌悪感を感じた方々なのです。

NTRはエロい!!

先ほどからエロいエロい言っていますがなぜ主人公が酷い目に合えばエロくなるのか?ということについて書いていませんでしたので、何故エロく感じられるかを私なりに(様々な意見があると思いますので)考察してみますと、一つは、「隣の芝は青い」という諺がありますよねそこに、ヒントがあると思います。意味は「他人の物はよく見える」というものですが、NTRは間男に自分の彼女になるはずだったヒロインを奪われヒロインは間男の物にまさに「他人の物」になるわけです。その時点でヒロインは自分の手のもとにあった時より魅力的に見えるようになります。まさに他人の芝はってやつです、加えて主人公が酷い目に合うということは芝でたとえると自分の家の芝はただでさえ隣の芝より劣って見えている・・・・そのうえさらに自分の家の芝は諸所の理由で荒らされてしまった・・・こうなると相対的に隣の芝はさらに青く魅力的に見えるようになります。このように主人公が酷い目に合えば会うほど寝取られたヒロインは魅力的な存在にヒロインと間男の関係は羨ましいものになるわけです。もちろん間男とヒロインのセックスもです・・・・

そして寝取られエロの良さはギャップも大きな要素です。自分との時には見せなかった痴態を間男に見せる・・・・他人の物補正プラス自分では到底見れなかったヒロインのエロさがNTRセックスでは見れる!!ということでものすごく有難いもののように感じられるんです。ここら辺の感覚はやはりある程度のアウトラインはあれど決まったとらえ方はないので断定はできませんが・・・

NTRの根底には「花は容易に手に入り傍にあるものより、到底手に入れることが難しく触れることもかなわない花の方が魅力的である」というようなものがある気がします・・・・・NTRはヒロインが自分の物にしたいけどならない部分に良さがあります。


最後に・・・・

NTRは嗜むようになったからと言って主人公への同情はありますし、不快感もあります。しかし、それを差し引いてもおつりがくるほどにエロいんです。・・・ですがやはり悔しいっくやしいくやしいいいいいという気持ちは捨てきれません。NTRはシナリオを楽しむことが困難といったようなことも書きましたがこれだけ心は動くわけですから不快感を楽しむといいますか、純愛ゲーでは味わえないエンターテイメント性があると言えるのではないでしょうか

07

04

コメント

人間ってなんでこんなに精神状態に幅があるの?

みなさまこんにちわ!
突然ですが・・・・日々生活していると自分の精神状態が短時間の間にコロコロ変わる人っていらっしゃいませんか?
昨日はあんなに心に余裕があったのに今日は、暗ーい気持ちで最悪・・・もっと短いスパンでは朝は調子よかったのに夕方には病気でなしに気分最悪・・・・別に体はいたって健康。。。しかし気持ちの問題で体調がよくない気がする・・・さっきまであんなに元気だったのに・・・


日はイベントの連続
冒頭で話したことは何もなしに気分が上下しているわけではありません(ってか何もなしに情緒不安定ならメンタルへ♪

20131201_kaharatomomi_19.jpg
日々生活していると様々な経験をすることになります。そんな中で私たちは心の状態というものを常に変化させます。仕事に行くなら仕事にいくで「あーだりーなー」やはたまた「今日がんばるぞ!!」学校に行くなら「今日サボろうかな・・・」など人によってさまざまなことを考えると思います。その中で人間は心の中で「負の心象」と「正の心象」を常に意識しています先ほどの「あーだりーなー」は負の心象「今日がんばるぞ!!」などはまさに正の心象といっていいでしょう。ではこの二つの正負の心象はどのようにして形作られるかを考えてみますと、それはズバリ生活の中での経験によるものといえるのではないのでしょうか。毎日同じような予定でルーチンワーク的なことをしていても全く同じ日々を続けることはできません、必ず苦しい何らかの問題にぶつかったり逆に楽しく喜びを感じたりと何らかの変化を私たちは受け入れることとなります。そういった苦しかったり楽しかったりする経験が私たちの心に[負の心象」と「正の心象」を作り出し・・・気分の上下、ふれ幅というものを我々は感じるのです。で気分が下がるのは決まって嫌な苦しい不快な経験をしたもしくはこれからする場合です。。。かつ、心情の乱高下が起きるということは苦しい経験と楽しい心地よい経験を短い間隔で繰り返していることになります・・・・なので、気分が上下する方(私を含めて)は短い期間の間に様々な出来事(イベント)を越えている人なのだと思います。

となんだかきれいに締めたようですが・・・・・人間楽しいことがあるから気分がいいわけではありませんよね「何もない、何ら問題にさいなまれていない」というだけで最高に気分がいいいいいとはならないかもですが・・・少なくとも落ち込んだ状況にはならないと思います。なので・・・・・気分が上下!下するってことは何も良いこと悪いこと交互に経験ではなく普通の状態から不快な経験で落ち込みしばらくして普通の精神状態に戻るっていうのでも気分の上下といえますし、自分の気分の上下を気にする人間はどちらかというとこちらの人間が多いと思います泣 しかも気分の上下は私の場合一日のうちに何度もなんてことがありますので私の場合は苦イベントを一日に何度も経験していることになるんでしょうか・・・・・泣 まあ・・・正直今いろいろあって気分最悪です・・・・・・

苦しいからこそのアドバンテージ

嫌なことがあると気分が最悪!何しても最悪!とにかく最悪!!と悪いことばかりが浮かびますし、それが続くとなると本当につらいです。しかし・・・・だからこそ見えるものもあると思います。いや、あるんです!!一つは苦しいからこそ小さな喜びに敏感になれますたとえば今日は信号待ちがなかっただとか、今日は何も不快な思いをしなかったとか(例が微妙ですが汗 とにかく何でもないことがラッキーであったり喜ばしいことであるように感じられるんです。極めれば空が青いというだけで「きれいな空見れたなぁシミジミ・・・」となんだか得した気分になれます。やはり、人間苦境にあればこそ原点に立ち返るといいますかしょうもないことでも、良い出来事に変換できるようになるんです。まあ・・・見方を変えれば変人の思考ではあるんですが・・・・・・汗 二つ目は忍耐力がつくということです苦しい経験というものは結果としてそれを乗り越えたという事実が残ります。苦しいことを耐えきったわけです。意識するにもしないにもそこには苦しみを超える前より確実に大きくなった自分がいます。しかし、それを誰も認めてくれないという問題もありますが・・・私は少なくとも、毎日何もなくつつがなく過ごした人より苦しい思いをして鬱屈した日々を過ごしている人の方が人間として深みがありますし、心が折れにくいと思います。不快なことばかりで心が暗くなっている人!!

あなたは強い!!

まあ、実は私がそう言ってもらいたいだけなのですが・・・・・・・・


結構きついよ
ここまでいろいろかいてきてわかるように今現在非常に気分が悪いです・・・・それはまあ、いろいろあったからなのですが・・・内容はちょっと書けません汗しかし、そんな気持ちを少しブログにつづるだけでなんだか気分が晴れてきました。前回の記事の内容ではないですがストレス発散という観点でもブログの有用性はあるみたいです。あーでも本当にいやなことって日々ありますよねおああああああああやぎゃああああああと叫びたいところですがなかなか現実にやるわけにはいかず・・・・・・・それゆえ私はさらにヤンデレを求めるのだ!!ヤンデレもいいストレス発散できますからねグヒヒ 最近はヤンデレっぽい展開見るとなんだかそれだけでうれしくなるんですよね(*ゝω・)求めるヤンデレとは違いますが
これもヤンデレの味わいは多分にあると個人的に思います。正直おいしいと思うところがあります、しかしやっぱり最後は暴力といいますか・・・・・監禁といいますか・・独りよがりといいますか・・・味はあるんですよ味は・・・ヤンデレと名を冠するものはヤンデレの味はあるんですよ・・・・・・しかし、方向性がおかしかったり、色々足りなかったり・・
あーヤンデレのエロゲ出ませんかね・・・


 

     ∧__∧≡=-               /⌒ヽ   _,,-''"
    (    )┐≡=-          _  ,((.;.;)ω;),-''";  ;,
     と´_,ノ゙ヾ.≡=-             / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
     (´ ヽ、 \≡=-       (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'    __  __. ``  ./ 
      `ー' \__)≡=-    _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'      ヽ     ヽ   <  
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'        _ノ    _ノ     .\また次の記事で〆(゚▽゚*)会いましょう

プロフィール

歌麿

Author:歌麿
どもども!皆様ほのぼのやってますか?
ふざけた記事や私の願望など面白おかしく趣味全開でやっていきます(笑

ツイッターもやってます
Twitter : @shirokanesan

漆時計

ツイッター

QRコード

QR

訪問者数

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。