FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

02

06

コメント

アニメの虚空

皆様こんばんは! 
今回のテーマは「アニメの虚空」です。これがどういった意味なのか?それは記事を読めば判ると思います汗

かなり、硬い内容になりますがまあ、読んでくださる方はちょっと博識に?笑









ニメは現実を取り込んだものである

皆様はアニメについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?「楽しいもの」、「息抜き」、中には「自身の人生そのもの!」なんて方もいらっしゃるかもしれません笑

元来アニメ(あらゆる創作物に言えることですが)というものは常に「現実の模倣」から成り立っています。たとえば、アニメ世界の「人間」と言えば我々の想像する二足歩行の人間が出てきますし、アニメ世界に存在する全ての概念は現実世界の概念、常識、世界観をそのまま借り受けていると言えます(死からの復活、異能など我々の世界にはありえない事象、常識が存在しはしますがそれはあくまで既存概念の延長に過ぎません、(後述)

アニメが「現実の模倣」であると言いますと、「何故アニメでは空を飛んだり、異能が使えたり現実とはかけ離れたことができるんだ!」という声が聞こえてきそうです。アニメは「現実の模倣」であると言いましたが、アニメにはその模倣した現実の内容に現実世界の既存概念を改変した新たな要素(世界観、概念、事象、etc...)を自由に付け加えすることができます。これはアニメの大きな特徴であり、「現実の模倣」であるアニメが現実とかけ離れたものとなることのできる理由と言えます。平たく言えば人間が理解できるものであれば何でも付け加えることのできるものがアニメであるということです。

とこのようにアニメには常に現実に準拠した「現実の模倣」(現実)と準拠しない「新たな要素の付加」(虚構)が同居するという「真虚同一」の形を取っていると言えます。
_________________________________________________

アニメが現実に近づく時
 
先ほど「真虚同一」についての話をしましたが、初期のアニメ、と言うよりアニメの最初の形はどちらかと言うと真虚の「虚」
について大きく可能性を見出されました。現実にはありえないこと・・空想やはたまた妄想など、そういったものを描くことのできる存在としてアニメは生まれたと言え、虚構を描くゆえにそこには娯楽性も生まれました。このアニメの捉え方はもちろん近年でも、続いています。しかし、アニメはあるときを境に今まで主だった「虚」のクローズアップから「真」をとらえる
流れが生まれます。



アニメを知らない方でもおそらく耳にしたことくらいはあるであろうアニメ
「涼宮ハルヒの憂鬱」
ストーリーはまあ、ググって下さいませ汗
それはそうと、このアニメどこが「真」現実の模倣なんだ?と思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、このアニメは明らかにそれまでには無かったものが綿密に描かれるようになりました。それは、できるだけ現実に準拠した形の「日常」の描写です。このアニメの中では基本的に突拍子も無いことがかなり起きもしますが、そういった「非日常」の描写の合間に必ず「日常」の描写があります。この描写は非常にリアルに(流しても良い部分であるのに)描かれています。(詳細は本作を是非鑑賞してくださいませ。妙なリアリティが感じられる部分が多数ありますので)
これは、明らかにそれまでの「虚」を追い求めるアニメとは大きく異なりアニメの「現実性」についてのクローズアップを行っています。つまり、「涼宮ハルヒの憂鬱」はアニメの側から現実に近づいたと言えます。

新たなアニメ時代

「涼宮ハルヒの憂鬱」の登場によりアニメの新たな時代が始まりました。アニメ自身が長らく忘れられていた「現実の模倣」
という側面を取り戻し、より現実に即した存在となったのです。さてそんな新時代の到来は一つのジレンマを生み出してしまいました。アニメの存在は「現実の模倣」の原点回帰により、より親しみやすいものとなりましたがその結果、現実と虚構の壁が格段に薄くなり、手が届きそうでも決して届かないと言う状況にアニメ視聴者は陥ってしまったのです。
そして、その状況はある種のむなしさを生みました。

現実に近い存在と化したアニメはもちろん現実ではありませんしかし、限りなく近いものなのです。朝起き、ご飯を食べ職場、学校へ行き・・・このような描写を見ればそれが現実であるのでは?というリアリティーがあります。まあ、これはあくまで例ですが・・・そんな限りの無いリアリティーに否が応でも現実とアニメの対比を我々は行ってしまうのです。これは、かつてのアニメであればただ単なるアニメに思いを馳せる空想でした。が、現在におけるアニメと現実の対比はただの空想ではなく、アニメが現実味を帯びているからこその切実な願いとなってしまうのです。
_________________________________________________

アニメの虚空

アニメに対する視聴者は基本的に娯楽目的が多いでしょう。いわずともアニメとは面白いものなのです。それゆえに視聴者はアニメの世界にあこがれます、一度は誰でもアニメ世界の一つでも現実であったら、もしくはアニメの世界に入りたいと考えたことがあるはずです。かつてのアニメは、それは前述したようありえない空想でした。現実にならないことは明白で多少の空虚さはあったとはいえ微々たるものでした。しかし、現在のアニメ視聴者の持つそういった空虚さはアニメが現実に近づいたことによりかつてとは比べ物にならないものとなりました。

アニメは現実との関係性をより密にしたことにより一つ大きな進化を遂げましたしかしそのおかげで幸か不幸か
視聴者は現実とアニメの境界の薄さによる。むなしさ「アニメの虚空」を深く感じるようになったのです。

別にアニメ紹介ではないので・・・アニメ動画入れてしまうとなんだかアニメ紹介になってしまう感じがしますね汗


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

歌麿

Author:歌麿
どもども!皆様ほのぼのやってますか?
ふざけた記事や私の願望など面白おかしく趣味全開でやっていきます(笑

ツイッターもやってます
Twitter : @shirokanesan

漆時計

ツイッター

QRコード

QR

訪問者数

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。